×

松本人志 アンチに叩かれた「オダウエダ」を励ます「いろいろ言われることはあるからね、お笑いは」

[ 2022年1月21日 12:06 ]

ダウンタウンの松本人志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(58)が、コンビでMCを務める20日放送の日本テレビ「ダウンタウンDX」(木曜後9・00)に出演。昨年の女芸人No.1決定戦「THE W 2021」を制したお笑いコンビ「オダウエダ」を激励した。

 植田紫帆が「得たものより失ったものの方が多い。エゴサーチしたら『賞レース史上最も望まれていない王者』って書かれてた。初日もすごい叩かれていて」と散々だったという。しかし、「松本さんのツイートのおかげで止まったんです。アンチコメントも止まったし、その時、雨降ってたけど空も晴れだした」と感謝。

 松本は天気については「嘘つけ!」と苦笑しながらも「いろいろ言われることはあるからね。お笑いは。ダントツで優勝したってなんか言われるんだから」と励ましていた。

 昨年12月に行われた大会は、決勝に進出した10組から、オダウエダ、Aマッソ、天才ピアニストの3組が最終決戦で対決し、オダウエダが優勝。史上最多となるエントリー700組の中から5代目女王に輝き、賞金1000万円を獲得したが、ネット上ではこの結果に様々な声が噴出していた。

 松本は同14日に自身のツイッターで「自分の思った結果じゃなかったからといって優勝者を悪く言うのは違うと思う。でも。それだけお笑いに熱くなってくれてありがとう!」と「THE W 2021」についての言及と思われる投稿をし、話題となっていた。

 その後、「ワイドナショー」(フジテレビ)にオダウエダがゲスト出演して対面。松本は「お笑いの賞レースって満場一致で優勝しないといろいろ言われちゃったりするからあまり気にせんでええと思うよ」と激励。「確かに今日のが一番面白かった。近くで見たからかな、俺も『THE W』見たよ、見たけど、俺が見た中では君らは7位ぐらいやった」とイジりつつ「今日の見たら、全然もっと上やし」とフォローした。

 さらに、松本は「あんまりこういう質問って良くないのかもしれないけど、君ら自身は何位だと思った?」と直球質問。植田は「私たち自身は12位やと思いました」とボケて返すと、松本は「どんなボケやん!」とツッコミ。

 オダウエダへのアドバイスを求められた松本は「Aマッソはセンス、天才ピアニストは技術、彼女らはそことはかぶらない狭いところでターゲットを絞って元々やってるから、優勝したらこういう感じになるやろうなって思うよ。そんなの気にするタイプであっても欲しくない」と語った。

 さらに、松本は「『THE W』のレベルがめちゃくちゃ上がってんねん。女芸人がM―1とかキングオブコントにどんどん進出してくるんじゃないかなと思うの。そうすると、皮肉にも『THE W』の意味あるのかなって」とも、これに、東野も「一番の理想は『THE W』が自然消滅するのが(いい)」と同調。松本は「それは『THE W』のスタッフには大感謝やし、お笑い界にすごい貢献してくれたと思う」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月21日のニュース