×

氷川きよし 年内で歌手活動休止「リフレッシュする時間を」所属事務所が発表「本人の意向を尊重」

[ 2022年1月21日 18:00 ]

氷川きよし
Photo By スポニチ

 歌手の氷川きよし(44)が今年12月31日をもって無期限の歌手活動休止に入ることが21日、所属事務所の公式サイトで発表された。2000年2月のデビュー以来、22年間にわたって歌い続けてきたが「ここで一旦お休みをいただき、自分を見つめなおし、リフレッシュする時間をつくりたいという本人の意向を尊重しこの様な決断に至りました」と説明。休養期間は「(お休みの期限は)特に定めておりません」とした。近年はロックやアニソンに挑むなど“すべての区分け”を超越した活動を展開し、話題を呼んできた。

 2000年2月2日、シングル「箱根八里の半次郎」でデビュー。同年、「第42回日本レコード大賞」最優秀新人賞などを総なめ。昨年大みそかの「第72回NHK紅白歌合戦」で22回目の出場を果たし、美空ひばりさんの「歌は我が命」を熱唱。“プリンス”として演歌界を牽引してきた。

 「氷川きよしに関する大切なお知らせ」と題した発表は以下の通り。

 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

 この度、氷川きよしは2022年12月31日をもちまして一旦歌手活動をお休みさせていただくことをご報告申し上げます。

 これまで氷川きよしを22年間応援してくださったファンの皆様、ご支援くださった関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

 2000年2月2日にシングル「箱根八里の半次郎」でデビューして以来、22年間歌い続け、走り続けて参りました。

 ここで一旦お休みをいただき、自分を見つめなおし、リフレッシュする時間をつくりたいという本人の意向を尊重しこの様な決断に至りました。

 お休みの期限は特に定めておりませんが、お休みに入るまで約1年ございます。コンサートツアー、6月からの劇場公演等で皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

 今後とも氷川きよしへの温かいご支援、ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

 2022年1月

 株式会社長良プロダクション

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月21日のニュース