×

「藤井竜王には申し訳ないが王将位獲ることはできない」将棋通芸人シャンプーハットてつじ大胆予想

[ 2022年1月21日 08:00 ]

大阪府高槻市で行われる王将戦第2局のポスターを掲げるシャンプーハットてつじ
Photo By スポニチ

 将棋好き芸人のシャンプーハットてつじ(46)が22、23日に大阪府高槻市「山水館」で行われる第71期ALSOK杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)第2局を前に7番勝負を展望した。渡辺明王将(37)=名人、棋王含め3冠=の4連覇を予想。過去3回、本紙で披露した勝敗予想を的中させた実績があるが、第1局を制して1勝リードしている藤井聡太竜王(19)=王位、叡王、棋聖含め4冠=が「王将位を獲ることはできない」と大胆予想を行った。

 挑戦者が誰だろうと信頼は不変だった。てつじによる本紙恒例(大阪本社発行版の紙面に掲載)の王将戦展望。「藤井さんには申し訳ないが、王将位を獲ることはできない。渡辺さんが同じ失敗を繰り返すことはありません」。渡辺が第68期で復位し、翌第69期以降迎えた挑戦者・広瀬章人八段(34)、永瀬拓矢王座(29)との7番勝負はいずれも的中させた。17年開催の第66期を合わせると過去3回的中。先勝を許した、今期挑戦者をしても確信に揺らぎはないという。

 根拠の一つが昨年11月、藤井の挑戦権獲得後、ネット配信番組で目にした女流棋士による早指し団体戦だった。加藤桃子清麗チームの監督を務めた渡辺の「冷静になれよ」「お茶、飲め」など自由奔放で振り切れた指揮官ぶりだった。

 「とても(藤井を迎え撃つ)王将戦を控えている感じではなかった。藤井さんの強さの秘密、つかんだと思います」。渡辺とは競馬ファン同士、情報交換し合う間柄。一昨年に続き、藤井に敗れた昨年の棋聖戦後、税込み130万円の研究用パソコンを購入したとの情報にも力を得て、「本来なら監督とか断って、山寺にこもって修行とかしていい。余裕を感じます」とした。

 藤井は羽生善治九段以来の4冠に輝き、全8冠の過半数を独占して今回5冠目を目指す。「大谷翔平選手は世界が舞台やから仕方ない。でも大谷選手がもしいなければ、もっとえらいことになってました」。スポーツ界を見渡しても序列1位に就く10代はおらず、もっと事件化していい現象と強調する。

 「ないと思うが、渡辺さんがストレート負けしたら藤井さんは死ぬまで勝ち続けます。いいも悪いも本当の強さが出るタイトル戦。人間なのか神なのかが分かる」。史上初3冠VS4冠の頂上決戦第2ラウンドの見所も示した。(筒崎 嘉一)

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月21日のニュース