×

上沼恵美子 関西風でも広島風でもないお好み焼き披露 YouTubeで“おしゃべりクッキング”

[ 2022年1月21日 19:59 ]

上沼恵美子
Photo By スポニチ

 タレントで歌手の上沼恵美子(66)が、21日に自身のYouTubeチャンネルを更新。「上沼恵美子直伝!絶品お好み焼きの作り方」として、クッキング風景を公開した。

 チャンネル開設から4回目の今回は、自宅でホットプレートを使い、こだわりのお好み焼きレシピを公開。「お好み焼きですけど、ちょっと違うんですよ」と話し、出来上がりの速さを秘けつを挙げて「豚玉」を調理した。

 こだわりは、お好み焼き粉。「本当に入れないんです。笑ってください、こんだけ」と大さじ1杯以下しか入れないと明かし、少量の水で混ぜるだけ。さらに卵2つも「あまり混ぜない」とかき混ぜすぎずに、そのままホットプレートに流し込み「粉っぽくない、おいしいのができます。ほとんど卵焼き。ズルだとか言わんといてね」と紹介した。

 上沼といえば、テレビ朝日系の料理番組「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」。今年の3月で番組は27年の歴史に幕を閉じるが、YouTubeでも軽妙なトークと手際よい料理風景を披露した。「粉っぽいお好み焼きはどこにでもありますが、これは逆。卵ですから、フワッと粉を感じさせないお好み焼きにするのは、一番」と話し、ソースの他に、マヨネーズ、ケチャップなど付けて、スタッフにふるまった。「特徴は速くできるところ。生地が柔らかいでしょ」とこだわりを見せ、自らも一口食べると「食べてほしい」とカメラに向かってお好み焼きを差し出すほど“お勧め”のようだ。

 動画では他にも、姑から頂いたという絵画や、子供時代の「お好み焼き」にまつわる話などで盛り上がっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月21日のニュース