×

森崎ウィンのラジオ代役「WATWING」鈴木曉&八村倫太郎 生放送に「初めてで緊張えぐい」

[ 2022年1月21日 22:44 ]

WATWINGのメンバーたち。(左から)古幡亮、鈴木曉、高橋颯、桑山隆太、八村倫太郎、福澤希空
Photo By スポニチ

 俳優で歌手の森崎ウィン(31)が19日に新型コロナウイルスに感染したことを受け、6人組グループ「WATWING(ワトウィン)」の鈴木曉(23)、八村倫太郎(22)が21日、FMヨコハマ「Winning Parade」のパーソナリティーを代役で務めた。

 冒頭に2人は「よろしくお願いします」とあいさつすると、「森崎ウィン君の代わりで務めるピンチヒッター」「今日はよろしくね」「今夜も届けようこのRadio」などとラップで自己紹介した。

 八村は「今夜は普段担当してくださっている森崎ウィンさんが新型コロナウイルスに感染され、ただいま自宅療養中ということで、僕たちWATWINGの八村倫太郎と」「鈴木曉が」(鈴木)「ピンチヒッターを務めさせていただきます」とした。

 生放送のラジオは2人とも「初めてで緊張えぐい」と心境を漏らした。緊張のあまり、オープニングで披露した曲の歌詞を間違えてしまったという。また、披露した歌について八村は「この番組のために今朝、僕たちで作詞して作った曲です」とし、鈴木が「ピンチヒッターという曲です」と明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月21日のニュース