×

囲碁の結城九段 公式戦1300勝、史上5人目 最年少49歳11カ月で達成

[ 2022年1月21日 05:30 ]

結城聡九段(関西棋院提供)
Photo By 共同

 囲碁の結城聡九段(49)は20日、第78期本因坊戦予選Aで三根康弘四段(34)に不戦勝し、公式戦通算1300勝(575敗2持碁)を達成した。史上5人目で、関西棋院所属棋士としては初。同棋院によると、49歳11カ月は、趙治勲名誉名人(65)の51歳11カ月を抜き最年少記録。結城九段は兵庫県出身で、1984年にプロ入り。入段から37年10カ月での到達は、最速。七大タイトルの天元、十段獲得のほか、NHK杯優勝などの実績がある。

 囲碁は、日本棋院と関西棋院の2団体があり、それぞれの棋士が出場できる棋戦は若干異なる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月21日のニュース