×

ティナ・ターナーがチューリッヒ湖畔に8億7000万円豪邸を購入 池&小川&船着き場付き

[ 2022年1月21日 08:41 ]

ティナ・ターナーがチューリヒ湖近くのシュテファに購入していた豪邸(AP)
Photo By AP

 「プラウド・メアリー」などのヒット曲で知られる米テネシー出身の歌手、ティナー・ターナー(82)が昨年9月にドイツ人の夫で音楽プロデューサーでもあるアービン・バッハ氏(65)とともにスイス・チューリッヒ湖畔のシュテファ村にある豪邸を購入していたことが明らかになった。

 地元紙が報じてAP通信も伝えているもので、物件そのものは築100年。東京ドームの半分ほどの敷地には10棟の家屋のほか、池や小川が配置されていてチューリッヒ湖へ直結している船着き場も隣接している。

 購入価格は7000万スイス・フラン(約8億7000万円)。夫のバッハ氏によれば2人はすでにスイス国籍を取得しており、「スイスで生活するのは快適だ」と語っている。

 夫妻はこれまでチューリッヒ郊外のキュスナハトの賃貸住宅で生活していたが、そこからすこし離れた静かな村に引っ越した形。AP通信によれば、近くには男子テニスのスタープレーヤー、ロジャー・フェデラー(40)の自宅もあるとしている。

 ターナー(本名はアンナ・メイ・ブロック)は2人のミュージシャンとの間に1958年生まれと60年生まれの2人の息子がいるが、2015年にバッハ氏と結婚。18年に腎不全となって透析が必要になったがバッハ氏がドナーとなって腎移植を受けている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月21日のニュース