×

渡辺王将「第1局の反響大きかった」、藤井竜王「熱戦に」 第71期王将戦第2局前夜祭で両者意気込み

[ 2022年1月21日 18:54 ]

<王将戦第2局前夜祭>前夜祭で記念品を手渡され、記念撮影におさまる渡辺王将(左から2人目)と藤井竜王(右から2人目)(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 渡辺明王将(37=名人、棋王の3冠)に藤井聡太竜王(19=王位、叡王、棋聖の4冠)が挑戦する第71期ALSOK杯王将戦7番勝負(スポーツニッポン新聞社ほか主催)は、あす22日から大阪府高槻市で第2局が指される。21日には、市内のホテルで前夜祭が行われた。

 第1局で黒星を喫し、今局で星を戻したい渡辺王将は「(対局場の)山水館は静かな環境で、対局に集中できる環境を整えてくださっている。第1局の反響が大きかったので、そういった戦いを目指していきたい」と意気込みを語った。

 一方、連勝でリードを広げたい藤井竜王は、「高槻に来るのは初めて。2023年の新・関西将棋会館の移転に先駆けて高槻市で対局できて嬉しい。“将棋の街”としていっそう盛り上げていけるような熱戦にしたい」と鋭いまなざしを見せた。

 また、開催地を代表して濱田剛史・高槻市長が登壇。「私も将棋ファンの一人。王将戦を開催できることが嬉しい。昨年、高槻市に新・関西将棋会館の建設が決定し、市内外からも注目を集めている。今後もこの王将戦を軸に将棋振興を深めていきたい」とあいさつした。

 前夜祭は新型コロナ対策を徹底し、出席人数をしぼって開催された。渡辺王将、藤井竜王は対局に備えてあいさつのみで退席。出席した将棋ファンは、わずかなふれあいの時間を惜しむように熱視線を送っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月21日のニュース