×

ジャニーズ ゲーム配信に本格進出 22年元日YouTubeチャンネル開設

[ 2021年12月16日 04:00 ]

YouTubeチャンネル「Johnny’s Gaming Room」のロゴ
Photo By スポニチ

 ジャニーズ事務所がゲーム配信に本格進出する。YouTubeチャンネル「Johnny’s Gaming Room」が来年1月1日にグランドオープン。これまでHey!Say!JUMPの山田涼介(28)がゲームチャンネルを開設しているが、ジャニーズの複数グループが参加し、かつゲームに特化したチャンネルは初めてとなる。

 同チャンネルはゲーム熱の高いHey!Say!JUMPの有岡大貴(30)、Kis―My―Ft2の玉森裕太(31)、宮田俊哉(33)が中心メンバー。テレビゲームやパソコンゲームはもちろん、ボードゲームやカードゲームなど“ゲーム”と名の付くものを徹底的に楽しむ。

 きょう16日から、追加のレギュラーメンバーを探す動画が順次アップされる。Sexy Zone以下の後輩グループ6組と「ジャニーズJr.」「関西ジャニーズJr.」とゲームを通じ触れ合い、グランドオープンまでに15人ほどを選抜していく。

 オープン後は毎週火~土曜の週5回、動画を更新予定。今後は生配信の計画も進める。有岡は「グループの垣根を越えてプレーすることで、まだあまり話したことがなかった後輩たちとも距離が一気に縮まった。ゲームって凄いなって思いましたね」と手応え。

 玉森は「このグループとこのグループがゲームをしている姿っていうのもなかなか見られないもの。ファンの方には楽しんでいただけるんじゃないかと思います」と話し、宮田は「SixTONESとプレーしたパズルゲームが楽しすぎて、自分の才能に気づいてしまったかもしれない」と名勝負を予告している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年12月16日のニュース