小倉智昭氏 東京都のコロナ新規感染1471人に「数だけ見ると減ってきているようには見えるが…」

[ 2021年1月22日 08:29 ]

キャスターの小倉智昭氏
Photo By スポニチ

 キャスターの小倉智昭氏(73)が22日、MCを務めるフジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)に出演。東京都で21日に新型コロナウイルスの感染者が新たに1471人報告されたことに言及した。

 今月の感染者は3万人を超えて3万482人となった。累計も9万人台に達して9万659人となり、今月だけで全体の3分の1を占める。60~90代の男女7人の死亡も確認され、死者の累計は761人となった。入院患者は前日から73人減の2820人、うち重症者は1人減の159人。このほか自宅療養が8927人、宿泊療養が860人、入院や療養先の調整中が6874人に上った。

 小倉氏は、前々週の木曜日2447人、前週の1502人に比べて感染者数が減っていることに「数だけ見ると減ってきているようには見えるが、そんなに単純なことでもないように思います」と指摘。そして、「そんな中、東京都の新型コロナウイルスの人数だけではなく全国的にどのくらい減ってくるのかっていうのも気になりますし、緊急事態宣言が解除される予定になっている2月7日にどれだけ数が減っているかっていうこと、それを考えなければいけないと思います」と自身の考えを話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月22日のニュース