有働由美子アナ「やっぱり付き合わなくて良かった」TVで話した“トラウマ相手”からクレーム届く

[ 2021年1月22日 17:39 ]

有働由美子アナウンサー
Photo By スポニチ

 元NHKでフリーの有働由美子アナウンサー(51)が22日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「うどうのらじお」(金曜後3・30)に生出演。テレビ番組で明かした“恋愛トラウマ”の相手から久しぶりに連絡があり、クレームを付けられたことを明かした。

 有働アナは16日放送の日本テレビ「1億3000万人のSHOWチャンネル」(土曜後9・00)にゲスト出演。かつて黒のカーディガンに紺のパンツを合わせてアーティスト系の仕事している男性とのデートに向かった際「行った瞬間に『上着変えてきて』って言われて。『黒と紺を合わせるとか意味わかんない』って。初デートですよ。『申し訳ないけど、コンビニかどっかに行って上変えてきて』って言われて…」と話し、それ以来、黒と紺を合わせるコーディネートはしていないなどと恋愛にまつわるトラウマを明かしていた。

 すると、「その言った相手がテレビを見たらしくって。ひっさしぶりにメールが来て」と放送後にそのデート相手だった男性から久々に連絡があったことを報告。「『ひどい』と。『僕はあなたのために言ってあげた』かつ『すごい昔だ』かつ『言ったのは一回だけなのになんかオレが悪いみたいになってんじゃん』みたいな」とその内容を明かし「すごい文句のメールが来て。やっぱり付き合わなくて良かったなーと思って」と話して笑いを誘った。

 なお、この日の放送には黒&赤の衣装で登場。番組アシスタントの熊谷実帆アナウンサー(23)に「きょう、すごいオシャレですよ」とほめられるも、そのオシャレな衣装の胸元にカレーライスをかたどったブローチを付けていることを指摘されると「なんで?ダメ?だって、きょう『カレーの日』だから」と話し、熊谷アナに「それは分かるんですけど、ちょっと浮いてますよね」とダメ出しされると、軽くショックを受ける場面もあった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月22日のニュース