役所広司「コロナ禍だからこそ心にしみる」、主演映画で人生やり直す男演じる

[ 2021年1月22日 05:30 ]

「すばらしき世界」の舞台あいさつに登場した(左から)西川美和監督、役所広司、仲野太賀、長澤まさみ
Photo By スポニチ

 役所広司(65)の主演映画「すばらしき世界」(監督西川美和)の上映会が21日、都内のホールで行われた。

 役所のほか仲野太賀(27)、長澤まさみ(33)が駆けつけた。佐木隆三氏の小説「身分帳」を原案に西川監督が映画化した意欲作。13年ぶりに出所し、人生をやり直そうとする男の生きざまを描いた。役所は「コロナ禍のこういう時代だからこそ心にしみる映画になっていると思います」とあいさつ。2月11日公開。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月22日のニュース