松本人志「ドキュメンタル」過激な笑いでAmazon Primeからお叱り受けた

[ 2021年1月22日 23:14 ]

ダウンタウンの松本人志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(57)が22日放送のフジテレビ「ダウンタウンなう」(金曜後9・55)で、2016年からAmazon Primeで配信されている“密室笑わせ合いサバイバル”「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」で芸人たちの過激すぎる行動にAmazon Primeからお叱りを受けたことを明かした。

 ゲスト出演した女優の真木よう子(38)が「ドキュメンタル」を全部見たというほどハマっていると明かした。すると、松本は「あれ好きな女の人ってめちゃくちゃエロいからね」と持論。真木は手で顔を隠して照れたが「やっぱり放尿しだしてから、すごく好きになった」とし、あながち間違ってはいなかった。

 「放尿」ワードに共演者が驚いている中、松本は大爆笑。「あの番組は本当に凄くて。ピークまで行きすぎて、とうとうAmazonさんからお叱りを受けた」と告白。「もうめちゃくちゃよ。オードリー・春日は××の皮使って」と過激な行動に出演したフジテレビの山崎夕貴アナウンサー(33)は「ウソでしょ」と頭を抱えた。真木は「やりましたね」と当時の場面を思い出し、笑いが止まらなかった。その姿を見た松本は「超エロい。思い出して笑ってる」と引いていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月22日のニュース