おぎやはぎ小木 義母・森山良子のラジオ出演「やりづらかった」 実の家族同然ゆえ…

[ 2021年1月22日 13:35 ]

おぎやはぎ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明(49)が21日深夜のTBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」(木曜深夜1・00)に出演。義母で歌手の森山良子(73)のラジオに生出演し、「やりづらかった」と明かした。

 小木は06年に森山の娘で元歌手の森山奈保(49)と結婚しており、森山は義母にあたる。

 18日に森山がニッポン放送「オールナイトニッポンMUSIC10」(月~木 後10:00)に自宅からリモート出演。隣に住んでいることもあり、小木は奈保夫人と出演した。矢作兼(49)から「良子さんのラジオ出たの?」と振られた小木は「やりづらかった」と苦笑い。

 その理由は「家族の中だとしゃべんないの俺。俺が若い時にお笑い芸人になるって言ったら、家族とかは信じられないわけ。しゃべれないのになれるわけない、何言ってるの?みたいな」とかつての自分の家族の反応を振り返り「良子さんもその域までいってる。隣に住んで何年もたっていて家族みたいだから、会話もなくなってきてる」と明かした。

 それゆえに「番組にパっと参加したところで照れくさいのよ」と、タレントとしての顔を見せるのが恥ずかしいレベルにまでいっていることを語った。「今も週3(で家に)呼んで飯食べてるわけ。だからほんとに照れくさかった」と苦笑した。

 矢作は「ほんとに親とやってる感じだったのね」と、実の家族同然の状況にうなずいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月22日のニュース