アンガ田中「ハンコ押すギリギリまでいった」 大学時代に詐欺師の持ちかけた話を信じかけた理由明かす

[ 2021年1月22日 15:34 ]

「アンガールズ」の田中卓志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「アンガールズ」の田中卓志(44)が22日、フジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜前11・55)に出演。大学生の頃、詐欺に遭いかけた経験を語った。

 この日、番組ではコロナ禍の巣ごもり需要に乗じ、通販サイトを装ってクレジットカードを不正利用するなどの詐欺が急増していると報じた。

 ハニートラップや詐欺に遭った経験について問われると、田中は「昔あるんですよ、1回詐欺に…」と告白。「大学生の時に、いきなり女の人から(電話が)かかってきて、『すごくいい話がある』みたいな。それで部屋みたいなところに行って、書類を持ってこられて」と振り返った。

 「『あなたは月3000円くらい払えばこれから一生旅行が半額になる』って言われて、『これいいな』って思ってハンコ押すギリギリまでいった」という田中。「ギリギリで『俺そんなに旅行いかないな』って気付いて『やっぱいいです』って言って…」と詐欺被害は回避したと語った。さらに「(詐欺師の女性が)めちゃめちゃかわいい子だったんですよ。だまされるところでした」と信じかけてしまった理由も明かし、笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月22日のニュース