藤井2冠の“勝負メシ”は「肉豆腐」 羽生九段は「鶏むね肉のバターポン酢焼き」

[ 2020年9月23日 05:30 ]

王将戦 挑戦者決定リーグ

藤井2冠の昼食 肉豆腐(キムチ)(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)挑戦者決定リーグの初戦は藤井聡太2冠(18)と羽生善治九段(49)が対局した。

 藤井が昼食休憩で“勝負メシ”に選んだのは、将棋会館近くの食堂「鳩やぐら」の「肉豆腐(キムチ)」(税込み980円)だった。

 過去に何度か注文したことのある弁当で、豚バラ肉と木綿豆腐をキムチとカツオだしベースで味付けしたボリュームたっぷりの逸品。同店はこの日祝日のため一般営業は休みだったが、将棋会館への配達は行った

 。一方、羽生が頼んだのは「鶏むね肉のバターポン酢焼き」(税込み980円)。こちらも同店から注文した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月23日のニュース