中村獅童 女性ファンと鉢合わせ「ウソつきーっ!!」 歌舞伎役者にとって“危険な街”明かす

[ 2020年9月23日 15:56 ]

中村獅童
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優、中村獅童(48)が21日放送のNHK「密会レストラン」(後10・45)に出演。女性ファンと鉢合わせた際に「ウソつきーっ!!」と叫ばれ、バツが悪かったという出来事を語った。

 恋愛観と恋のエピソードをホンネで明かす番組。「歌舞伎流恋愛学」と題し、歌舞伎役者としての恋愛を話す中で「銀座の街はキケン」の一項が。「歌舞伎座が東銀座なんで」と獅童。歌舞伎座にほど近い東京・銀座で女性とデートをすると、先輩俳優や関係者らと頻繁に会うという。

 獅童は「若い頃」を回想。当時「数十人」が所属する自身のファンクラブがあり、その催しで「彼女はいるんですか?」と質問された。席上では「いません」と返したが、実際は交際する女性がいた。「その日は彼女が見に来ていたから、終演後“銀ブラ”していたら、その『彼女いるんですか?』って聞いたファンの子と会っちゃった」とまさかの鉢合わせ。

 対面した瞬間に「ウソつきーっ!!」と、大声で指摘されたといい、「完全に顔が合ってるのに俺しゃがんでいるからね。(銀座では)必ず誰かに見られているという」とこぼした。番組にともに出演していた歌舞伎俳優、尾上松也(35)は、「銀座が一番危険ですよ、歌舞伎関係者にとっては」と同調し、「ただ、そのスリルをかいくぐるっていうのもオツなもんですよ」と続け、笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月23日のニュース