渡辺3冠が準決勝に進出 10・17豊島2冠と対戦 将棋日本シリーズ「JTプロ公式戦」

[ 2020年9月23日 05:30 ]

将棋日本シリーズ「JTプロ公式戦」2回戦第4局で勝利した渡辺明JT杯選手権者(名人、王将、棋王との3冠)
Photo By スポニチ

 渡辺明王将(36=名人、棋王との3冠)が将棋日本シリーズ「JTプロ公式戦」の2回戦第4局で高見泰地七段(27)を破り、準決勝に進出した。

 10月17日に行われる準決勝では豊島将之2冠と対戦。渡辺は大会2連覇中で、郷田真隆九段が1993年から95年に達成して以来の3連覇も見えてくる。「3連覇に挑むチャンスというのは生涯でもこの1回だけだと思う。過去に1例しかない非常に価値が高い記録に臨めるこの機会を大事にして、次戦の準備をしたい」と豊島戦を見据えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月23日のニュース