小倉智昭氏「初めて藤井君が羽生さんに負けました」王将戦挑戦者決定リーグ開幕局の余韻さめず

[ 2020年9月23日 10:24 ]

キャスターの小倉智昭氏
Photo By スポニチ

 ニュースキャスターの小倉智昭氏(73)が23日、フジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)で、将棋の第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)挑戦者決定リーグ開幕局に勝利した羽生善治九段(49)を称えた。

 開幕局は羽生九段が80手で藤井聡太2冠(18)に公式戦初勝利。小倉氏は「将棋界のまさにゴールデンカード。初めて藤井君が羽生さんに負けました」と余韻がさめない様子で伝えた後、渡辺明王将(36)の対戦相手を決める7棋士総当たり戦の顔ぶれを解説。「その初戦に藤井君と羽生さんの対戦を持ってくるところなんぞは主催者もなかなかやるなと思うんです」と将棋界への注目度に言及した。

 「羽生さんっていうのはね、もちろんタイトル獲得合計で99期。100期まであと1期と迫っているんですけど。19日の、竜王戦の挑戦者に羽生さんが久しぶりに決まった時は藤井君について『日々の対局や将棋を見て私も勉強して遅れをとらないように心掛けている』という謙虚な姿勢だったんです」と紹介。「この後の王将戦、タイトル、どういうふうに流れますか…」と熱戦に期待した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月23日のニュース