仲野太賀 秋田から海を渡った主演映画「泣く子はいねぇが」に「誇りに思う」

[ 2020年9月23日 05:30 ]

リモート会見を行った(左から)佐藤快磨監督、主演の仲野太賀、企画の是枝裕和氏
Photo By 提供写真

 スペインの第68回サン・セバスチャン国際映画祭のコンペティション部門に選出された「泣く子はいねぇが」(11月20日公開)の佐藤快磨監督(31)、主演の仲野太賀(27)、企画の是枝裕和氏(58)が22日、現地とリモートでつないでの会見を行った。

 秋田のナマハゲをテーマにした家族の物語で、仲野は現地に行けなかった寂しさをのぞかせつつ「秋田で頑張った作品が、海を渡ったことを誇りに思います」と笑顔。同映画祭で受賞歴のある是枝氏は、新人の佐藤監督の脚本にほれ込み「いい形で送り出すことができてホッとしている」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月23日のニュース