尾上松也「めっちゃスベっていた」が原因でフラれた過去…彼女から突然宣告「別れたほうがいいと思うねん」

[ 2020年9月23日 16:41 ]

尾上松也
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優、尾上松也(35)が21日放送のNHK「密会レストラン」(後10・45)に出演し、過去の失恋エピソードを打ち明けた。

 歌舞伎界のプリンスと称されるモテ男の松也は、自身の恋愛観を披露。「20代代前半は一時期、好きという感情が良く分からなくなっていた。30代は結婚を意識するようになった」という。

 その後、実際にあった「別れ」について言及した。大阪出身の女性と交際していたことがあったとし、「六本木のバーで飲んでいて。楽しく会話していたんですよ、いつも通り。そしたら急に『あんな、別れたほうがいいと思うねん』って急に言われたんですよ」。

 突然、別れを切り出された松也は理由を分析。別れ話の1週間ほど前に「ディズニーランドにダブルデートで行ったんですよ」と明かし、「テンションが上がりまくっていて、待っている時間とかもへんな一発ギャグとかものまねとかをやりまくっていた」と振り返った。

 バーで女性からかけられた言葉は「この間、ディズニーランド行ったやんか、めっちゃスベっていたやん」だったといい、「それが理由でフラれたんですよ。笑いに厳しかったのかなって思って」と話した。七代目尾上菊五郎(77)を父に持ち、松也とも仲が良いという番組進行役・寺島しのぶ(47)は「でもそれだけじゃないと思うけどね」とニヤリ。松也は苦笑いを浮かべていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月23日のニュース