ジャニーズWEST桐山、念願かなった連ドラ初単独主演「巡り合えた」

[ 2020年9月23日 06:00 ]

21年1月期ドラマ「ゲキカラドウ」で主演を務める桐山照史
Photo By 提供写真

 ジャニーズWESTの桐山照史(31)が来年1月期のテレビ東京「ゲキカラドウ」(水曜深夜0・12)で連続ドラマ初単独主演を務める。

 現在ブームとなっている“激辛料理”を題材にしたコメディードラマ。桐山演じる主人公・猿川健太が異動先で激辛好きな人々と出会ったことをきっかけに“激辛道=ゲキカラドウ”を追求する中で成長する姿を描く。

 猿川の異動先・営業促進部の紅一点で、常に刺激を求める“エロ辛い”美女役で泉里香(31)、猿川が激辛に目覚めるきっかけとなる室長役で平田満(66)が出演する。

 桐山は登場した店に足を運ぶほど、同局の「孤独のグルメ」シリーズのファン。以前からグルメドラマへの出演を熱望しており、今作のオファーに「自分がやりたかったドラマに巡り合えた」と喜んだという。初主演に向けては「おいしく食べる自信はあるので、主演だからと肩肘張らずに、皆さんにお世話になりながら頑張りたい」と意気込んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月23日のニュース