AKB48 ゴマキと初コラボ!柏木由紀、大興奮リハ「いちファンとして参加(笑)」

[ 2020年9月23日 22:38 ]

テレビ東京の音楽特番での共演に向けて合同リハーサルに臨んだAKB48と後藤真希。23日が誕生日だった後藤には誕生日ケーキが贈られた
Photo By 提供写真

 元「モーニング娘。」でタレントの後藤真希(35)とAKB48の選抜メンバーが30日放送のテレビ東京「テレ東音楽祭2020秋」(水曜後6・25)で初コラボする。

 本番では後藤をセンターに迎えてAKBの「会いたかった」「フライングゲット」「ヘビーローテーション」の3曲メドレーを披露する予定。リハーサルを行った23日は後藤の35歳誕生日で、メンバー一同が祝福。本番へ向けて結束力を高めた。

 岡田奈々(22)は「幼稚園の頃から後藤真希さんが好きで、モーニング娘。さんのライブDVDをずっと観てました。同じステージで同じ楽曲を歌えることが奇跡だと思います。今日のリハは緊張しましたが、本番は楽しんで一緒に歌えたらと思います」とコラボを喜んだ。

 小栗有以(18)は「凄いオーラを感じました。振りのかたち、見せ方がキレイで素晴らしかったです。私も改めて研究し直さないといけないなと思いました、頑張ります」と刺激を受けた様子で、総監督の向井地美音(22)も「一緒に踊っている事実に感動しました。そのオーラとリハに臨む姿勢が素晴らしく、本番は私たちも負けないように頑張りたいと思います」と語った。

 柏木由紀(29)は「私、後藤真希さんのことが本当に好きなので今日リハをすると聞いた瞬間に『誕生日だ』とすぐわかりました(笑)」と告白。「今日は自分が『AKB48だ』『アイドルだ』ということを完全に忘れて、いちファンとして参加してました(笑)」と興奮気味に振り返った。

 後藤のことが好きすぎて、リハーサル中はおとなしかったという柏木。「私のことを視界にいれないでほしい、もはや喋るなんてできない。なんて思ってました…。本番は悔いのないように、自分の中の永久保存版の映像になるように、楽しんで一緒にパフォーマンスできたらと思います」と誓った。

 後藤も「メンバーの皆さんと一緒にリハをできて、みなさんの表情を見ながら、この曲はこういう感じなんだと、曲の雰囲気がより分かりやすくなりました」とコメント。「本番まであと1週間なので、自宅でも練習をして仕上げなきゃとも思いますし、生放送ですので、なんとかみなさんとともに成功させられたらと思います」と意気込みを語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月23日のニュース