橋本マナミ、出産後のファッションを反省「楽な服がいいので…ダサくなった」

[ 2020年9月23日 22:59 ]

タレントの橋本マナミ
Photo By スポニチ

 タレントの橋本マナミ(36)が23日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)に出演、今年7月の第一子出産後、「ファッションがダサくなった」と“子育てママ”ならではの反省を口にした。

 この日、橋本が久しぶりにスタジオに登場すると、「お帰りなさい」「おめでとうございます」と祝福の声がかけられた。

 隣には、コメントで丁々発止することが多い女優の遠野なぎこ(40)が座り、橋本は「怖いですよ。(コロナ感染予防の)アクリル板があってよかった」と胸を撫で下ろすと、遠野も「(アクリル板が)殴り合い防止になっていいのよ」と応じた。

 番組では、マスク着用が日常となり、女性のメイクに変化が起きている、といった話題が取り上げられた。

 MCの垣花正(48)から「出産前と出産後でファッションは変わりましたか?」と聞かれると、橋本は「家で育児をしているので人に会わなくなった。(授乳するのに)一番ラクな服がいいので、ファッションにこだわらなくなった」と打ち明け、そうした変化を「ちょっとダメだなと思っている。ファッション頑張らなきゃ」と話した。

 アシスタントの大島由香里アナ(36)も3歳の長女を育てている経験をもとに、「夏に授乳するときは、家で上半身裸…って普通にありますよね。いつでもあげられるから、という感じになってくるんですよね。ほんと、恐ろしいなと思います」と振り返っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月23日のニュース