イノッチ主演「特捜9」初回14・2% 第3弾も2桁好発進

[ 2020年4月9日 09:04 ]

女優の羽田美智子
Photo By スポニチ

 V6の井ノ原快彦(43)が主演を務めるテレビ朝日の刑事ドラマ「特捜9 season3」(水曜後9・00)が15分拡大スペシャルで8日にスタートし、初回(第1話)の平均世帯視聴率は14・2%だったことが9日、分かった。

 前2作に続いて第3弾でも初回に2桁をマークと好発進した。

 17年3月に亡くなった渡瀬恒彦さん(享年72)が主演した「警視庁捜査一課9係」が、井ノ原主演で生まれ変わり「特捜9」に。2018年4月期の「season1」は初回に16・0%でスタートすると、最終回まで1度も2桁を割ることなくゴールインし、全話を通じた平均視聴率が14・0%を記録。昨年4月期の「season2」も初回で15・2%と好発進し、全話2桁でフィニッシュして全話平均は13・0%だった。

 今回は、前作の最終話で寺尾聰(72)が演じた捜査班長が警視庁を去ったことから、新たな特捜班として再出発。井ノ原のほか、羽田美智子(51)、津田寛治(54)、山田裕貴(29)らが出演する。

 第1話は、前班長が去ってから9カ月。浅輪直樹(井ノ原)ら特捜班のもとには、捜査一課からの応援要請が来なくなり、メンバーは警備など地道な仕事にばかり駆り出されていた。そんな中、特捜班が多摩川の河川敷で防犯イベントの警備に当たっていたところ、市長の挨拶を橋上で見学していた市民が突如、銃撃される事件が発生し…という展開だった。

 【世帯視聴率と個人視聴率】テレビメディアの価値をより正しく示すべく、ビデオリサーチが3月30日から個人視聴率を公表。世帯視聴率はテレビ所有世帯のうち、何世帯がテレビをつけていたかを示す割合(例=5世帯のうち2世帯がテレビをつけていれば世帯視聴率は40%)。個人視聴率はテレビ所有世帯内の人数のうち、何人がテレビをつけていたかを示す割合(例=5世帯にいる12人のうち3人がテレビをつけていれば個人視聴率は25%)。個人視聴率は世帯視聴率より数字が目減りするが、視聴人数の換算が可能になる。関東地区は調査世帯数を900世帯→2700世帯と拡大した。「特捜9 season3」第1話の平均個人視聴率は7・9%だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月9日のニュース