たんぽぽ白鳥も感染 芸能界コロナ禍、拡大止まらず…夫・吉武「動揺しています」

[ 2020年4月9日 05:30 ]

「たんぽぽ」の白鳥久美子
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子(38)が新型コロナウイルスに感染していることを、所属事務所が8日、発表した。7日にPCR検査で陽性の結果が出た。症状は軽度で、自宅で静養している。この日はほかにも感染したことを公表するタレントが相次ぎ、政府の緊急事態宣言の発効初日に芸能界での感染が拡大した。

 白鳥が最初に異常を感じたのは先月29日。嗅覚に違和感を覚えたが、アレルギー性鼻炎の持病があるため、コロナの症状と判断がつかなかったという。

 今月3日に親しい知人からコロナに感染したと連絡を受け、自身の体調を確認すると発熱があったため、4日から自宅待機して保健所と連絡を取っていた。

 現在は自宅で療養しているが、症状は重くないという。発熱やせきの症状はなく、嗅覚も少しずつ戻っている。また、相方の川村エミコ(40)はコロナの症状はないが、自宅待機している。

 白鳥は発症日以降にレギュラーの2番組に生出演。先月30日に東海テレビ(名古屋市)の情報番組「スイッチ!」、今月3日にNHK福島放送局のラジオ「こでらんに5」に出演した。

 東海テレビは8日に保健所の聞き取り調査を受けたとし「まだ誰が濃厚接触者に当たるか分かっていない」とした。NHK福島は「現在のところ体調不良者はいないが、3日の共演者や打ち合わせをしたディレクターは自宅で体調を観察している」とした。両局ともスタジオなどの消毒作業を行った。

 白鳥は18年にピン芸人のチェリー吉武(39)と結婚。吉武は保健所から濃厚接触者とされ、8日から仕事を休んで自宅待機中。所属事務所によると、本人は至って元気で、発熱や嗅覚異常なども見られていない。

 テレビ各局では先月29日に死去した志村けんさん(享年70)や、森三中・黒沢かずこ(41)の感染を受け、さまざまなコロナ対策を取っている。ロケやスタジオ収録を中止し、情報番組ではリモート出演などで出演者が密接にならないようにしている。民放関係者は「効果が出ることを期待しています」と話している。

 《別室で隔離生活》吉武はこの日ブログを更新し「家族の1人が感染したことを知り動揺しています」と心境をつづった。白鳥の体調が落ち着いていると報告した上で、「保健所の指示で、自宅にてお互いに別の部屋で隔離しながらよくご飯を食べ、よく休み免疫力を落とさずに過ごしています」と状況を明かした。
 吉武の所属事務所担当者は「吉武本人は相当ビビりな性格なので、早くからコロナ対策を取っていた。マスクは必ず着用し、こまめに手指の消毒もしていた。白鳥さんの感染が分かる前から、家の中でも少し距離を取って生活していたそうです」と明かした。
 また、吉武がパーソナリティーを務めるレインボータウンFM「猫ひろしのキバRUNラジオ」(水曜午後9時)の8日の放送は急きょ中止となった。

 《相方は症状なし》▼川村エミコ 今回のことでコロナは身近に迫っていることを凄く感じました。誰がなってもおかしくないんだ!と思いました。ちなみに私はすこぶる元気です。現在、保健所さんからの連絡を待っています。(ブログから)

 ◆白鳥 久美子(しらとり・くみこ)1981年(昭56)12月11日生まれ、福島県出身の38歳。日大芸術学部演劇科卒。劇団やピン芸人で活動後、08年に川村と「たんぽぽ」を結成。担当はツッコミ。2010年にフジ「めちゃ×2イケてるッ!」の新レギュラーとなり、全国区に。大きな顎をいじられることが多い。趣味は散歩、高圧電線観察。1メートル65。血液型B。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月9日のニュース