和太鼓集団「DRUM TAO」はメンバー5人コロナ感染 クラスター扱いとなる見通し

[ 2020年4月9日 05:30 ]

 和太鼓集団「DRUM TAO」が8日、20~40代の男性メンバー5人が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。この日に4人、7日に1人と、計5人の感染が判明し、クラスター(感染者集団)の扱いとなる見通し。グループの公式サイトで「必ず打ち勝って皆さまの前へまた元気な姿をお見せします」とした。

 また、4人組バンド「SUPER BEAVER」はドラムス、藤原広明(31)が感染したと、バンドの公式サイトで8日、発表した。1日に発熱し、3日にPCR検査を受けた結果、6日に陽性と診断された。現在は自宅療養中。ほかのメンバー3人も自宅待機している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月9日のニュース