中村江里子アナ、フランス外出禁止4週目「やっぱり大変」なことは…

[ 2020年4月9日 21:11 ]

中村江里子アナウンサー
Photo By スポニチ

 元フジテレビのフリーアナウンサーで、フランス在住の中村江里子(51)が9日に自身のブログを更新し、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、外出禁止令が出されているフランスでの生活について報告した。

 外出禁止「4週目」となったフランスで、「外出禁止は4月15日までと今はアナウンスされていますが…一体いつまでになるのか分かりません」と中村アナ。

 「フィリップ首相が『外出禁止の解除の日程について話すのはやめてください。まだ始まったばかりなのです』とメッセージを出しました。4週目に突入しているけど、そうか、まだ始まったばかりなのだと、この未知のウィルスとの戦いはまだ先が見えていないのだと改めて、自分たちが出来ることはひたすら家にとどまることしかないと。でも…正直に言ってしまうと…やっぱり大変です…」と心境を告白した。

 食料品も購入でき、日常生活に困ることはないが、子どもたちについて「時々、子供たちはなんとなくギスギスしてしまったりします。毎日泳いでいたのに、全く泳がないまま3週間過ぎてしまえば、有り余るエネルギーの行き場所がなく、何となくイライラしてしまう」と案じている。

 親として心掛けていることは「ひたすら“穏やかに!!”」だといい、「ダメなことはダメと叱らなければならないですが、全く想像をしたことのないこの状況の中で気持ちを保つのは簡単なことではないと思います。この限られた空間の中で、嫌な空気は作りたくない。だから…いつも言い聞かせています『穏やかに、穏やかに』」と外出禁止期間中の“気の持ち方”について自身の考えをつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月9日のニュース