森三中・大島&村上「観察期間」終了を報告 黒沢かずことも連絡「すごく元気そう」

[ 2020年4月9日 16:30 ]

お笑いトリオ「森三中」の(左から)黒沢かずこ、大島美幸、村上知子
Photo By スポニチ

 お笑いトリオ「森三中」の大島美幸(40)と村上知子(40)が9日、YouTubeチャンネル「森三中ube」を更新。黒沢かずこ(41)の新型コロナウイルス感染を受け、濃厚接触者としての「観察期間」が終了したことを動画メッセージで報告した。

 2人は「自宅待機から2週間たち観察期間終わりました」のタイトルで、それぞれの自宅から動画に登場。村上は「自宅待機が8日までということで保健所の方とも連絡を取りまして、今日からは体調に問題がなければいつも通り生活を送ってもかまわないと言っていただきまして、今この通りマスクもせずに家の中では過ごしています」と報告。家族も体調に問題はないとし、「家族とのスキンシップも取れるようになりまして、家ではご飯も一緒に食べられますし、遊びも一緒にできるようになりました」と話した。

 黒沢とは連絡を取り合っているそうで、「すごく元気そうで今のところ体調は落ち着いています。でも陰性が出るまではなかなか身動きも取れないので、そこのケアは私たちもしていきたいなと思っています」と仲間への気遣いを口にした。

 大島は観察期間終了に「ひとまず安心した」と語り、「旦那も息子も熱、せき、倦怠感などなく元気に過ごしております」と家族も体調に問題がないことを報告。動画には4歳の長男も登場し、ママとの久々のじゃれ合いがうれしくてたまらない様子を見せた。

 黒沢とはメールでやり取りをしているといい、「黒沢さんが撮った写真を送ってきてくれたり。黒沢さんは元気に過ごしていることは分かるので安心しています」と大島。そして「皆様の励ましの声も届いております。本当にありがとうございます。皆様も体調に気を付けて元気にお過ごしください」とファンにメッセージを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月9日のニュース