イモトアヤコ、撮影で激変 いとうあさこから石原さとみへ!?

[ 2020年4月9日 13:34 ]

タレントのイモトアヤコ
Photo By スポニチ

 お笑いタレント・イモトアヤコ(34)が8日夜、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「イモトアヤコのすっぴんしゃん」(水曜後9・30)に出演し、発売中のファッション誌「MAQUIA(マキア)」5月号の撮影を振り返った。

 撮影はナチュラル系と変身後という複数パターンで行われたといい、まずはほぼノーメイクのナチュラルな姿からスタート。「いつも通りの笑顔だったり、おちゃらけたのも撮って。撮ると、写真がパソコンで見られるんです」。ところが、映し出された写真を見てビックリしたという。

 「ナチュラルな私が、いとうあさこさんの宣材(写真)そっくりだったの。数年くらい前のそれとめっちゃ似てたのよ、髪形を含めて。うわー!と思って。あれっ!て思って。え、こんなだったっけ!と思って。あさこさんじゃん!と思って」。

 あまりに素すぎる自らの姿に直面し、「ショックを受けたわけじゃないのよ」といとうへのフォローも入れつつ、今度は変身後の撮影へ。すると、今度は別の意味で驚きがあったという。

 スタッフとの会話で「これだけはないよね」と思っていた衣装を、編集長のツルの一声で着ることに。編集長の「イモトさんは最近、鍛えてらっしゃるから、首のラインとか肩のラインがすごくきれい」という言葉に背中を押され、イモトが挑戦したのは、思い切り背中が開いた黒のドレスだった。

 編集長から「そうね、テーマは『こびない女』」とアドバイスを受けたイモトは、「『分かりました!』って、何の恥ずかしさもなく、ためらいもなくスッと受け入れて」と、すっかりスイッチが入ったという。「あの瞬間だけ、私とカメラマンが抱き合っているくらいの感じ。『この人に抱かれてもいい』というくらいの、そんな表情を作って写ったのが、あれです」と振り返った。

 実際、誌面を見たイモトは「よかったでしょ、あれ」と、自信ありげにリスナーへ呼びかけた。掲載号の表紙は女優・石原さとみ(33)だったが、「1回、自分の(ページ)を見たんですよ。で、石原さんのページを見た時、何を勘違いしたのか、ほとんど変わらねえなと」と大胆な感想を口にした。

 イモトの自信過剰?ぶりに、スタジオのスタッフからは石原への謝罪を促すカンペが出されたようで、イモトは「『謝ろう』のカンペが早いよ!そう思ったんだから、謝らせないでよ」といったんは謝罪を固辞した。それでも最後は「石原さとみさん、すみませんでした」と素直に謝り、「勘違いするくらい、いい写真にしてもらいました」と感謝を口にしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月9日のニュース