宝塚歌劇団 珠城りょう、望海風斗らの退団日程も見直し 6月末まで公演中止で

[ 2020年4月9日 11:49 ]

退団日程が変更になった月組の珠城りょう(左)と雪組の望海風斗
Photo By スポニチ

 宝塚歌劇団は9日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、政府の緊急事態宣言などを受け、公演休止期間を6月末まで延長することを発表。これを受け、すでに決定していた雪組、月組のトップコンビの退団日程も見直すことを明らかにした。

 新たな退団日はあらためて発表する。

 当初の退団日程は以下の通り。

 ◆雪組 
 望海風斗、真彩希帆 10月11日(雪組 東京宝塚劇場公演千秋楽)

 ◆月組
 珠城りょう、美園さくら 21年2月14日(月組 東京宝塚劇場公演千秋楽)

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月9日のニュース