大原櫻子「頭が真っ白に」「ただ、ただ悔しい」 「ミス・サイゴン」全公演中止に

[ 2020年4月9日 08:37 ]

大原櫻子
Photo By スポニチ

 歌手で女優の大原櫻子(24)が8日、自身のインスタグラムを更新。出演予定だったミュージカル「ミス・サイゴン」が公演中止となった思いを、直筆のメッセージで投稿した。

 大原は「皆様に、全公演中止のお知らせをする事になるとは思ってもいませんでした。私から、何とお伝えすれば良いのか」と複雑な思いを吐露。「私が『大変申し訳ない』ということbを述べるのは、おこがましいのですが、お届けする身として、その様な気持ちでいっぱいです」とつづった。

 「明日、明後日、一週間後…どう世界が変わるかわからない このご時世ですが、全公演中止という世界が一報を聞いた時は、頭が真っ白になりました。こういう時、人間は悲しむ余裕すらないのだなと思います」と喪失感を明かし、「お客様のた為にも何とか出来ないのかと勝手に色々考えていました。こんな時だからこそ、エンターテインメントを届けたかったです。ただ、ただ悔しいです」と悔しさをにじませた。

 「たくさんたくさん書きたいことはあるのですが。今は皆さんにお詫びの意を伝えるべきだと思い、書かせて頂きました。公演中止の事を主に書いてしまいましたが、何より皆さんの健康が第一です。お一人お一人の心と身体の健康をお祈り申し上げます」と記した。

 東宝は8日に、政府の緊急事態宣言を受け、「ミス・サイゴン」の7月3日~9月6日の全国ツアーも早くも中止決定。大原は今回が初参加で、高畑充希(28)、昆夏美(28)、屋比久知奈(25)とともに、キムを演じる予定だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月9日のニュース