高木美保 国の「効果が出る2週間後に向け…」に「大変失礼ですが悠長」

[ 2020年4月9日 11:39 ]

高木美保
Photo By スポニチ

 女優の高木美保(57)が9日、コメンテーターを務めるテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言後の国の対応について言及した。

 国は「今回の宣言で外出自粛が自主的に進む」という認識で、「効果が出る2週間後に向けた対策を考えるべき」としているが、高木は「米国、ニューヨークは世界で1番感染者が増えてしまいましたよね。そこがあれだけ厳しい制約を、自粛どころではない制約をしていて、それが約1カ月くらい前に始まってようやく1カ月たって少しピークアウトしたかな、つまりそれだけ厳しいことをしても1カ月たたないと効果が出てこないってことが分かってきたわけですよね」と指摘。

 その上で「そうすると日本の鍵の掛け方で、8割(の人と人との接触を避けること)でどこまで効果があるのか。今、2週間後にもう1度様子を見て考えるということを政府はおっしゃってるわけですが、ちょっと私個人としては大変失礼ですが悠長だなあと感じています」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月9日のニュース