加護亜依、バカ殿様とのユニットを回顧「志村さんとご一緒出来た事、ずっと忘れません」

[ 2020年3月30日 19:58 ]

バカ殿様とミニモニ姫。(左から)加護亜依、矢口真里、バカ殿様(志村けんさん)、辻希美、ミカ(2002年4月撮影)

 タレントの加護亜依(32)が30日、自身のインスタグラムを更新。志村けんさん(享年70)の訃報を受けコメントを寄せた。

 加護は冒頭で「今朝ニュースで志村けんさんの訃報を聞きました。今でもショックで信じられない気持ちです」と、思いがけぬ悲報に強く動揺したこと明かした。

 アップした画像は「ミニハムず」で加護が担当した「あい~んちゃん」。人気アニメ「とっとこハム太郎」の映画で登場した、架空のアイドルグループの一員で、その名の通り、志村さんのギャグ「アイーン」を繰り出すキャラだった。

 ほかにもミニモニ。ではバカ殿様とユニットを組み「アイ~ン体操/アイ~ン!ダンスの唄」をリリース。加護にとって、志村さんは切っても切り離せない間柄となっていた。そんな経緯もあり「ミニモニ。時代ではバカ殿様で一緒に曲を出したりと大変お世話になりました。私はずっと小さい頃から志村けんさんが大好きでした!」と、思いを吐露した。

 加護は楽しかった志村さんとの過去を「そんな志村さんとご一緒出来た事、ずっと忘れません。本当に優しい方でした。日本中に沢山の笑顔をくださってありがとうございました」と、心からの感謝の気持ちをつづった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月30日のニュース