成田凌&森七菜 旅先での経験で気づかされる“ここ”の尊さを伝える

[ 2020年3月30日 05:30 ]

「じゃらん」30周年特別記念フィルムで共演する成田凌と森七菜
Photo By 提供写真

 俳優でモデルの成田凌(26)、女優の森七菜(18)が30日からウェブで公開される旅行情報サービス「じゃらん」30周年特別記念フィルム「ここではないどこかで」に出演している。2人は初共演。監督・脚本は映画「君の名は。」のプロデュースなどで知られる川村元気氏。

 森が演じる東京の大学進学を控えた女子高生・雪は、親とケンカをして一人で東京へ旅に来ていた。雪がスマートフォンを落としたことで成田が演じる大学生の光と出会い、二人で東京観光をする。

 同じ頃、子育てがひと段落した真知子(板谷由夏、44)は初めての一人旅で北の地へ。宿泊施設で働く道夫(犬山ヴィーノ、52)と話すようになる。旅先での経験で気づかされる“ここ”の尊さを描く感動とサプライズに満ちたストーリーだ。

 主題歌はBUMP OF CHICKEN「流れ星の正体」。約10分のフィルムに凝縮されたこだわりが心に響く作品に仕上がった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月30日のニュース