志村けんさん 独身貫いた“恋多き人生” 別れる時はすっぱりと…TVで語っていた恋愛ルール

[ 2020年3月30日 11:02 ]

志村けんさん
Photo By スポニチ

 「ザ・ドリフターズ」のメンバーでタレントの志村けん(しむら・けん 本名・志村康徳、やすのり)さんが亡くなったことが30日、分かった。70歳だった。東京都東村山市出身。25日に新型コロナウイルスへの感染を所属事務所が発表していた。

 志村さんといえば、女優やタレントの恋愛の噂が数々流れるなど“恋多き男”とも言われたが、生涯独身を貫いた。ただ、2019年2月23に放送されたTBS「人生最高レストラン」では「結婚したい気はずーっとあるんです」と結婚願望があることを告白。「一番欲しいのは子ども」と述べ、「子どもがいないと僕の存在が消えちゃうじゃないですか」などと話していた。

 また、同番組では「19、20歳くらいからは同棲同棲同棲同棲…って。3年ごとに(相手が)代わる同棲ですけど」と、別れる時“すっぱり”という自身の恋愛ルールも明かしていた。

 コロナウイルス感染公表後となる今月25日に放送されたテレビ朝日系「あいつ今何してる? 過去爆笑&涙3時間SP」では、結婚まで考えた元恋人の存在をテレビ初告白。お相手は、ザ・ドリフターズ時代に出会った13歳年下のアイドル歌手・大滝裕子さん。相手の両親にもあいさつするなど、結婚前提に付き合っていたと語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月30日のニュース