アンミカ 森友問題の首相再調査拒否に「政治家の方が脅威に思うほど声を上げて…」

[ 2020年3月30日 14:43 ]

モデルのアンミカ
Photo By スポニチ

 モデルのアンミカ(47)が30日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に出演。安倍晋三首相が28日の記者会見で、森友学園を巡る公文書改ざんを強制されたとして、自殺した財務省近畿財務局職員の手記公表を踏まえた再調査に応じない姿勢を重ねて示したことに言及した。

 安倍首相は、職員の自殺について「行政府の長として責任を痛感している。申し訳なく思う」と謝罪したものの、既に財務省の調査や検察による捜査が終わったとの見解を強調した。学校法人「森友学園」の国有地売却問題を担当し2018年3月に自殺した財務省近畿財務局職員=当時(54)=の妻は27日に第三者委員会による調査の実施を求め、安倍晋三首相や麻生太郎財務相らを宛先とする電子署名運動を始めている。

 アンミカは「公文書というものが…国民の皆さんもちょっと気持ちが緩んでいるというか、やっぱりみんなのものなんでこれは許さない、改ざんは許さないと声を上げて、政治家の方が脅威に思うほど声を上げていくことも大事だし、政治家もその声を受け止める政治家であってほしい。これもっと皆さんが改ざんは許さないと声を上げていくことが大事じゃないですか」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月30日のニュース