中日・福留 三塁打ならず…リプレー検証の結果、近本の“好捕”にはばまれる

[ 2021年9月22日 20:47 ]

セ・リーグ   中日―阪神 ( 2021年9月22日    バンテリンD )

<中・神(19)> 8回無死、近本は福留の打球をジャンピングキャッチ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 中日・福留が「幻の三塁打」を放った。

 2―1の8回、先頭で岩貞の直球を振り抜くと、打球はぐんぐんと上がり、右中間フェンス際へ。

 近本がジャンプしてフェンスにぶつがりながらキャッチしたものの、フェアと判定され福留は三塁まで進んだ。だが、阪神側のリクエストによるリプレー検証が行われ、近本は打球がフェンスに当たる前に直接捕球したと確認。アウトに判定が覆り、福留の三塁打は「中飛」に変わった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年9月22日のニュース