大谷翔平 ファン「待ってたよ~!!」「巻き返してHR王」 10試合ぶり“特大”45号

[ 2021年9月22日 14:03 ]

ア・リーグ   エンゼルス5―10アストロズ ( 2021年9月21日    アナハイム )

<エンゼルス・アストロス>8回無死、大谷は右越えソロ本塁打を放ちナインの出迎えを受ける(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は21日(日本時間22日)、本拠地アナハイムでのアストロズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。8回に10試合46打席ぶりの本塁打となる“特大”136メートル右越え45号ソロを放つなど4打数2安打1打点で、打率は・257となった。チームは5―10で敗れ、5連敗を喫した。

 45号ソロは、アストロズ戦以来10試合46打席ぶりの本塁打で、本塁打王争いトップのゲレロ(ブルージェイズ)ペレス(ロイヤルズ)に1本差に迫った。45号は、2019年にマイク・トラウトがマークしたチーム歴代2位の45本塁打に並び、2000年にトロイ・グロスが記録した球団記録の47本塁打にあと2本差に迫った。日米通算では140本目の本塁打となった。

 待望の一発にインターネット上には「待ってたよ~!!これですよ、この飛距離!!待ってました!」「待望の45号!!」「打った瞬間わかる完璧なホームラン!」「来た~~~~!!!」などの声が上がり、「ホームラン王争いに、なんとか踏み止まった。まだまだ可能性あるぞ」「ここから巻き返してHR王頼む。応援してるぞ!」と本塁打王への期待がさらに高まっていた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年9月22日のニュース