広島・誠也 今季初めて打率トップ浮上! 超・超・超僅差の2糸差でDeNA・オースティンかわす

[ 2021年9月22日 22:55 ]

セ・リーグ   広島0-13巨人 ( 2021年9月22日    マツダ )

<広・巨(20)>6回2死、鈴木誠は右前打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島の鈴木誠也外野手(27)が22日、今季初めてセ・リーグ打率トップに躍り出た。

 鈴木誠は22日の巨人戦で2打数1安打(1四球)。今季通算では355打数112安打の打率・31549となった。一方のDeNA・オースティンは通算336打数106安打で打率・31547。割、分、厘、毛の下の2「糸(し)」差という珍しい僅差で、打率トップに浮上した。

 鈴木誠は19年に首位打者と最高出塁率のタイトルを獲得。自身2度目の首位打者獲得へ、最後まで熱い戦いとなりそうだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月22日のニュース