カージナルスが10連勝 チーム記録にあと「4」 ワイルドカード争いでは大きく前進

[ 2021年9月22日 12:50 ]

8回にタイムリーを放ったカージナルスのエドマン(AP)
Photo By AP

 ナ・リーグ中地区2位のカージナルスは21日、敵地ミルウォーキー(ウィスコンシン州)ですでにプレーオフ進出を決めている首位ブルワーズに2―1で競り勝って10連勝。チームの最長連勝は1935年にマークした14連勝だが、この記録にあと「4」と迫ってきた。

 試合は接戦。しかしカージナルスは1―0で迎えた8回表、1死二塁から「1番・二塁」で先発していたトミー・エドマン(26)のタイムリーで2点目を入れ、ブルワーズの追撃を交わして勝利を収めた。

 カージナルスは81勝69敗。残り12試合となった段階でブルワーズとは「9・5差」があるために地区優勝は絶望的だが、ナ・リーグのワイルドカード争いではトップ。78勝70勝のブレーブスには「2差」、最後の枠を争っている78勝74敗のレッズには「4・5差」をつけている。

 ブルワーズは3連敗で91勝60敗。先発したブランドン・ウッドラフ(28)は6回で10三振を奪って2安打、1失点に抑える好投を見せたが、地区優勝のマジックナンバーは「3」のままとなった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月22日のニュース