ヤクルト・西浦 6回貴重な追加点「積極的にいけた」

[ 2021年9月22日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト5―2DeNA ( 2021年9月21日    横浜 )

<D・ヤ>6回1死二塁、適時打を放つ西浦(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・西浦が貴重な追加点を挙げた。初回の村上の満塁弾以降はなかなか得点を奪えなかったが、2点リードの6回1死二塁でシャッケルフォードのスライダーを左前適時打。「次の1点が凄く大事になると思っていたので何とかして(走者を)還したかった」と胸を張った。

 これが6月1日の楽天戦以来となる適時打。8年目の30歳は「積極的にいけた」と汗を拭った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年9月22日のニュース