星稜中が4年ぶり2度目V 3―0でALL栃木を下す 全日本少年春季軟式野球

[ 2021年9月22日 16:30 ]

優勝の瞬間、マウンドの佐宗投手の元に集まる星稜中ナイン
Photo By スポニチ

 中学軟式野球の日本一を争う文部科学大臣杯第12回全日本少年春季軟式野球大会日本生命トーナメント(スポニチ主催)は22日、静岡市西ケ谷総合運動場野球場で決勝が行われた。

 星稜中(石川)はエース左腕・佐宗(さそう)翼投手(3年)の好投が光り、3―0でALL栃木(栃木)を下し、4年ぶり2度目の優勝を飾った。

 今大会は当初の3月予定から半年延期となったが春季大会の名称のまま開催された。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月22日のニュース