専大松戸 2回戦敗退…3季連続甲子園絶望的 5点リードから逆転許す

[ 2021年9月22日 05:30 ]

秋季高校野球・千葉県大会2回戦   専大松戸5―6四街道 ( 2021年9月21日    柏の葉公園 )

競り負けた専大松戸(右)(撮影・柳内 遼平)
Photo By スポニチ

 専大松戸が千葉県大会2回戦で四街道に5―6で敗れ、3季連続の甲子園出場は絶望的となった。

 5―0で迎えた6回に6失点で逆転を許した。9回は2死一、二塁のチャンスもあと一本が出ず。まさかの敗戦に持丸修一監督は「組み合わせを見ていけるんじゃないかとか。それ(慢心)が一番怖かった。謙虚に一から基本に戻ってやらないとダメです」と語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月22日のニュース