日大・赤星 2試合連続完封勝利!今秋ドラフト候補右腕猛デモ「自信になる」

[ 2021年9月22日 05:30 ]

東都大学野球第2週第1日   日大1―0中大 ( 2021年9月21日    神宮 )

<中大・日大>先発で力投する日大・赤星(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 1回戦3試合が行われた。今秋ドラフト候補に挙がる日大・赤星優志投手(4年)が中大打線をわずか3安打に抑え、2試合連続完封勝利をマークした。

 勝ち急ぐことはなかった。1―0の9回1死二塁。赤星はカットボールで内野ゴロを打たせた。打球をさばいた三塁手が二塁走者にタッチし一塁へ送球。併殺で試合が終わった。113球で2試合連続完封を達成し「いつも通り打たせて取る投球ができた。1部で2試合連続完封は自信になる」と胸を張った。

 昨秋から投げ始めたツーシームが効果的だった。マウンドで打者を観察しながら「横にシュート気味なのと落ちるのを投げ分けている」と言う。この日も8三振を奪う一方で内野ゴロも11。片岡昭吾監督も「赤星らしい投球だった」と称えた。

 今春の入れ替え戦で勝利し1部昇格。今秋の開幕戦で春王者の国学院大を完封し、この日も強力打線の中大を3安打に封じた。視察したソフトバンクの宮田善久スカウトは「抜くボールがいい」と投球術を高く評価した。

 10月11日のドラフト会議まで1カ月を切っている。「ドラフトよりもチームの勝利。後から結果が付いてくればいい」と赤星。好投を続けた先に、明るい未来が待っている。(川島 毅洋)

 ◇赤星 優志(あかほし・ゆうじ)1999年(平11)7月2日生まれ、東京都出身の22歳。小1で野球を始め、三宿中時代は軟式の上馬シニア野球クラブに所属。日大鶴ケ丘では甲子園出場はなし。日大では1年秋からベンチ入り。1メートル75、80キロ。右投げ右打ち。

 ▼中大・石田裕(0―0の8回2死三塁で日大・菅原に決勝の中前打を浴びる)カウント3―0になってストライクを取りにいくしかなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月22日のニュース