DeNAがビジネススクール開催 横浜の地域課題発見、問題解決を学ぶ

[ 2021年9月22日 10:10 ]

DeNAビジネススクール(球団提供)
Photo By 提供写真

 DeNAは21日、「ベイスターズと共にスポーツビジネスまちづくり」をテーマに、イノベーター創出に向けたビジネススクールを開催すると発表した。期間は10月17日から11月7日までで、全5回開催。参加者は30人限定で、会場は球団が運営する「THE BAYS(ザ・ベイス)」2階の「CREATIVE SPORTS LAB」。

 同スクールでは、株式会社メルカリ取締役会長兼株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー代表取締役社長を務める小泉文明氏をはじめゲストと球団役員が登壇し、球団経営およびスポーツビジネスやまちづくりの基本的な考え方を参考に、横浜の地域課題発見から問題解決までを学んでいく。

 最終回では事業計画書を提出し、フィードバックを受けられる実践型スクールで、ベイスターズと共に学び地域課題及び解決方法を探る、インプットとアウトプットの両面から学びが得られる内容となっている。

 詳細は球団ホームページなどにて。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月22日のニュース