ロッテ2軍がイースタン7年ぶりV 弟が一足先に歓喜 イースタン記録の猛打で決める

[ 2021年9月22日 16:44 ]

イースタン・リーグ   ロッテ19―0DeNA ( 2021年9月22日    ロッテ浦和 )

ロッテ・岡
Photo By スポニチ

 ロッテ2軍がイースタン・リーグで14年以来7年ぶり11度目の優勝を決めた。マジック2で臨んだDeNA戦の初回に打者23人の猛攻で17得点して圧倒すると、2位・日本ハムが敗れて1軍より一足早い優勝を決めた。

 この日は1軍から調整のために安田、岡、小窪らが合流し、小窪が3安打3打点を挙げるなど貢献した。

 初回の攻撃映像をZOZOマリンスタジアムの監督室で観ていたという井口監督は「凄いことになってますね。みんな頑張ってくれてね。1、2軍(情報、戦術等を)共有して、隙のないゲームをしている」と称えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月22日のニュース