×

楽天・田中将また早打ちの餌食…ファーストストライク狙われ2被弾 今季ワースト5失点

[ 2021年9月21日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天4―5ソフトバンク ( 2021年9月20日    楽天生命 )

<楽・ソ>5回2死一塁、栗原(左奥)に逆転2ランを打たれた田中将(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 【追球ズーム ここにFOCUS】楽天・田中将は4回、わずか4球で2点を失った。5回も4球で2失点。ソフトバンク打線は右腕が今季最短タイの5回で降板するまで、打者25人のうち12人がファーストストライクに手を出した。明らかな早打ち傾向。そこで犯した制球ミスが今季自身ワースト5失点での逆転負け、6敗目につながった。

 「(2発とも)ボールを全然コントロールできなかった。そこに尽きる」。3点リードの4回に浴びたデスパイネの2ランは1ボールからの2球目。内角を狙った直球が甘く入った。5回に浴びた栗原の逆転2ランは初球。外角を狙った直球が内角に――。制球力には定評があるだけに、痛恨の2被弾だった。

 「ああいう投球になって残念だし、悔しい」。これで自己ワーストを更新する6試合連続の被本塁打。この日の2本を含め、16本塁打のうち12本がファーストストライクを打たれている。追い込まれたくない相手打者と、いかに追い込むかの田中将とのせめぎ合い。この日は相手の早打ちに屈した。(鈴木 勝巳)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月21日のニュース