立大・山田 早大“徳山先輩”から連勝弾「最高の結果になった」

[ 2021年9月21日 05:30 ]

東京六大学野球第1週第2日   立大5―2早大 ( 2021年9月20日    神宮 )

<立大・早大>7回2死、ソロを放つ立大・山田(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 4―2で迎えた7回2死から立大3年生の5番・山田が左越えソロを放ち、試合を決めた。

 大阪桐蔭で1学年先輩だった早大の右腕・徳山の143キロ直球を完璧に捉えたアーチに「長打が欲しいと思っていた。最高の結果になってよかった」と胸を張った。

 早大から開幕2連勝を飾り、溝口智成監督は「一人一人が役割を果たしている」と選手を称えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月21日のニュース