接戦制した阪神に「謙虚」な英雄 決勝犠飛の木浪「まさかヒーローになれるとは思ってなかった」

[ 2021年9月21日 21:39 ]

セ・リーグ   阪神3ー2中日 ( 2021年9月21日    バンテリンD )

<中・神(18)> ヒーローインタビューでファンの声援に応える阪神・木浪 (撮影・平嶋 理子)                
Photo By スポニチ

 <阪神・木浪のヒーローインタビュー>

――ナイスバッティングでした。
 「ありがとうございます。全然最初は活躍できなかったんで、ああいう場面で島田が出て、サンズが進塁打打ってくれて自分のところにきたので。絶対打ってやろうという気持だったのでよかったです」

――R・マルティネスから。
 「ストレートを打ったんですけど、それに合わせてずっと準備していたので1球で仕留めることができてよかったです」

――今季の阪神を象徴するシーン。
 「そうですね、今日自分が声出しで全員野球ということを言ったんですけど、まさにそういう野球ができたと思います」

――久々のスタメンでヒーローに。
 「まさかヒーローになれるとは思ってなかったですけど、こうやって打てて、ヒーローになれてよかったです」

――ファンへ。
 「もう負けられない試合が多く続きますけど、やっぱりチーム一丸となって戦うのがタイガースなので、これからも応援よろしくお願いします」

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年9月21日のニュース